東スポ「テレ朝不倫女子アナ新恋人と夜の肉声」の女子アナとは?

動画配信

7月7日(木) 付の東スポが報じたところによると、

 テレビ朝日「やじうまテレビ!」(月~金曜、午前4時55分)のメーンキャスターで?朝の天使?と呼ばれている松尾由美子アナ(31)が、ハメを外しすぎた一夜を過ごしていた。一部週刊誌にも報じられたが、場所は新潟市内の某ホテルの一室。あられもないエロ美ボイスがフロアに響いていたという。
問題のお相手の男性は、大学時代のイケメン後輩。これだけならほほえましいエピソードで終わるところだが、松尾アナは、先輩アナウンサーのXと不倫していたとの証言が飛び出したから穏やかではない。

■ホテル入室10分でもう「声」

 松尾アナは今年の「テレ朝女子アナ卓上カレンダー」の表紙で、人気の前田有紀アナ(30)、宇賀なつみアナ(25)を抑え堂々センターの座についている。三十路過ぎとはいえ?かわいい系?で、一部の視聴者からは「朝の天使」と呼ばれている人気者だ。

「週刊ポスト」によると、松尾アナはとある金曜日、新潟市内で体格の良いイケメン男性と1泊。翌日は別の男女と合流し、月岡温泉の高級旅館に宿泊し、翌日曜日に男性と帰京した。

 同誌では、男性の素性は触れられていないが、テレ朝関係者によると「撮られた彼氏は、松尾の慶応大学時代の後輩ですよ」という。

 本紙はさらに、最初の夜に2人と同じ新潟駅前のビジネスホテルの同じフロアに宿泊した客をキャッチした。

「深夜0時に2人が部屋に入り10分ほどたつと、何やら女性のあえぎ声みたいなものが私の部屋まで聞こえてきました。?まさか?と思って廊下に出ると、彼らの部屋辺りからなまめかしい声が確かにしてました。
そのフロアはダブルルームが並んでたので?部屋に入ったばかりで、いくら何でも早過ぎる?と思ってました(笑い)。夜中の2時過ぎまでは続いていた」

 さすがに女子アナ。よく通る美しいあえぎ声がフロアに響いていたという。しかも、松尾アナカップルの声と断定できたのには理由がある。実は翌朝も聞こえてきたから。?激闘2R?をこなした証しだ。

「翌朝8時半から、また同じ声が聞こえてきました。周辺の部屋は続々とチェックアウトしていったので?あえぎの部屋?は817号室に特定されました。そしてチェックアウト時間の午前11時、そこから松尾アナたちが仲良く出てきました。
一緒にエレベーターに乗った私まで恥ずかしくなりましたよ(笑い)。『旅の恥はかき捨て』じゃないけど、東京から遠く離れ、2人も大胆になってしまったんでしょう」

■妻子持ちの先輩アナと不倫も?

 その松尾アナの周辺に聞くと、彼女には今年4月頃まで関係が4~5年続いた別の男性がいたことが判明。テレ朝の内部では有名な話で、お相手は妻子持ちの先輩アナウンサーXだった。

 松尾アナは、4月から「やじうま――」司会を務めるにあたり、Xに別れ話を切り出した。「彼女から『別れたい』って言われたんだ」とXが悩んで友人に打ち明けていたという。

 局関係者によれば「東日本大震災の取材で現地入りした松尾が、本能的に危機感を覚え?不倫なんかしてる場合じゃない。結婚できる本命と付き合おう?と、若い後輩をターゲットにしたのでは。今はまだ二股状態だと思いますがね」。

 聞けば、Xは自己顕示欲が強く「俺は有名人だから」が口癖。局内にはこれが鼻につく人は多いとも。「松尾アナを都合のいい女扱いしていたような男ですから」と局関係者。

 実は松尾アナとXの不倫は社内でも問題視され、アナウンス部長が過去に何度も2人を別々に事情聴取したこともあった。

「サーフィン仲間という口実を作って、松尾の一人暮らしの自宅をXが訪れたとしても『サーフボードを預かってもらっていただけ』と口裏を合わせていたみたいです」(同関係者)

 そのため、別の関係者からはこんな声も。

「今回の松尾の報道で、一番ホッとしているのはXでは。局内不倫が表沙汰になったら番組降板は確実。
松尾も清純そうなイメージだけど、勘違いしてるところがあるから『撮られちゃった!』みたいに内心喜んでると思います。相手の慶応の後輩も、女子アナと付き合えて自慢できるし…」(同関係者)

?朝の天使?の?夜の顔?…。親近感がさらにわく!?

【テレ朝広報のコメント】
?新恋人?と新潟で熱い夜を過ごした松尾アナについて、テレビ朝日・企業広報に事実確認すると「仕事のことでもないし、プライベートなことなので」とノーコメント。
先輩アナXとの不倫問題についても、局内では噂になっていたことをただしたが、担当者は「いやぁ、これもわざわざコメントしたりは…。それはみんな(他局でも)コメントされたりはしないのではないでしょうか」と答えるだけだった。

【プロフィル】まつお・ゆみこ 1979年8月9日生まれ。宮崎市出身。慶応大総合政策学部卒業後、2002年、テレビ朝日入社。「朝いち!!やじうま」「やじうまプラス土曜版」「スーパーJチャンネル」「地球まるごとTV」などを経て、今年4月から「やじうまテレビ!」メーンキャスター。
フィールドキャスターの経験もあり、政治取材のほか、新潟県中越地震では被災地でのリポート、東日本大震災でも被災地入りし、現地リポートを行った。清楚なイメージから?テレ朝の朝の顔?として知られる。
大学時代にミスコンなどには一切出場せず、タレント活動もせずにアナウンサー試験を突破した正統派として知られる。父は大学教授で米国・ニューヨーク、英国・オックスフォードでも暮らした。




カメラレンタル