お天気お姉さんが者役のドラマ『お天気お姉さん』がテレビ朝日系で4月スタート。

動画配信

モデルで女優の佐々木希が、テレビ朝日系新ドラマ『お天気お姉さん』に、女性アナウンサー役で出演することが4日、わかった。主演の女優・武井咲扮する“お天気お姉さん”の登場によって、人気者の地位が脅かされる役どころ。佐々木は「女子アナって華やかなイメージだけど、実際はどんな生活や会話をしているのかわからないので、今から考えるのが楽しい」と初の女子アナ役に興味津々だ。

【写真】お天気お姉さんを演じる武井咲

 同ドラマは、武井が演じる気象予報士・安倍晴子が、気象学、つまり“お天気”の見地から難事件を解決していく新感覚ミステリー。警視庁の新人刑事・青木豪太役で関ジャニ∞の大倉忠義、“お天気お姉さん”が大好きなベテラン監察医・三雲三平役で佐々木蔵之介の出演が決まっている。

 佐々木が演じるのは、朝の情報番組『モーニングZ』のメインキャスターを務める売れっ子女子アナ・橋本茜で、自身の美しさと聡明さに絶対的な自信を持っていた。ところが、晴子の登場で、盤石だったはずの番組内のポジションと人気が揺るぎ始める。その上、スタッフたちのチームワークの輪を乱す晴子の行動にイライラを募らせていくのだった。

 毎回起こる事件とともに、売れっ子女子アナVS新人お天気お姉さんの女のプライドをかけたバトルは見もの。佐々木は「武井さんが『イラッ』とするような、嫌な女だけども芯のある女性を演じたいと思います!」と意気込んでいる。

 『お天気お姉さん』はテレビ朝日系で4月スタート。毎週金曜午後11時15分より放送(一部地域で放送時間が異なる)。

カメラレンタル