TBS安住紳一郎アナ、赤江珠緒アナに「ずっと好きでした」と告白。

動画配信

振られたから冗談ってことにしておきたいんだよな、わかるよ安住。

TBSアナウンサー安住紳一郎が、今から10年ほど前にフリーアナウンサーの赤江珠緒へ“告白”をしていたことが分かった。

「好きな男性アナウンサーランキング」では常に上位にランクインする安住紳一郎(38)。そんな安住アナが『安住紳一郎の日曜天国』(TBSラジオ)でフリーアナウンサーの赤江珠緒(37)について語った。2人は大学4年生の時、いくつかのテレビ局のアナウンサー試験を受験していた。就活の同期として試験会場で何度も顔を合わせるようになり、仲間のような関係になったという。そして1997年、安住アナはTBS、赤江アナは朝日放送に就職。職場は別々になったもののしばらく年賀状のやり取りが続いた。

1998年の年賀状でのこと。安住アナは、当時流行っていた詩人“相田みつを”よろしく“路上詩人”風の年賀状を書こうと、1枚1枚毛筆でメッセージを書いて送ろうと思いついた。何枚か書いていくうちに、興が乗ってきた安住アナは、赤江アナ宛の年賀状に面白半分で「ずっと好きでした。しんいちろう」と書いて送ったそうだ。しかし赤江アナからは、「同じ仕事をしている仲間として尊敬もしているが、お付き合いするような感情は持っていません」という律儀なお断りの内容が封書で送られてきたのである。1枚1枚手書きの年賀状ということで、赤江アナもまじめに受け取ったのであろう。安住アナは、「余計なことをしてしまった」と語り、「恥ずかしっ」と当時を振り返った。

» Techinsight » 【エンタがビタミン♪】「ずっと好きでした」。TBS安住アナ、就活同期の赤江珠緒アナに“告白”していた。


カメラレンタル